その場で食べても、お土産にも♪ こういうお店があると、気分↑↑上がるネ|三井OP大阪鶴見

なんと!ここが第一号でした

私の生活圏ってのは、ニアリーイコールで自転車で行ける範囲ってことになるのですが、この圏内にアウトレットモールがあるんです。
その名は三井アウトレットパーク大阪鶴見。

今でこそ、ジャズドリーム長島、ラゾーナ川崎、横浜ベイサイド...などなど、全国に数多く存在する三井アウトレットパークですが、調べてみましたら、なんとなんと、この大阪鶴見のアウトレットが第一号なんだそうです!
その当時の名称は、鶴見はなぽーとブロッサム。
そうそう、今でも地元の方々は「ブロッサム」って呼んでいます。

1Fと2Fは鶴見花き地方卸売市場になっていて、その3F~5Fがアウトレットモールという、ちょっと面白いつくりになっています。
何せ歴史のある(1995年開業)モールなので、店舗数は60弱と今時のアウトレットモールと比べると小さな規模ですが、当時にしてみたら、このような形態のお店ができたことは、画期的だったと思います。

三井アウトレットパーク大阪鶴見

三井アウトレットパーク大阪鶴見

中央にそびえ立つ、タワーが特徴的ですね。3Fはイベントステージなどがある広場になっています。
その広場には、革ジャン・パーカーなどの上着だったり、靴だったり、パンだったり...(恐らく)期間限定のテントが出されています。

そんな中で見つけたのが、こちらのお店。

店舗外観・その1|八雲だんご

店舗外観・その1|八雲だんご

後でネットで調べたのですが、どうやら、豊橋に本拠地のある、「八雲だんご」さんのお店のようです。

店舗外観・その2|八雲だんご

店舗外観・その2|八雲だんご

テイクアウト専門店ではありますが、ステージでイベントがないときは観客席がベンチ替わりになります。
実際に、こちらのお店だったり、他のお店などで購入したものを飲食されている方、結構、いらっしゃいましたよ。

お米の味をしっかり感じる和菓子

私はテイクアウト利用。

テイクアウト|八雲だんご

テイクアウト|八雲だんご

温かいのと冷たいの、それぞれ別の袋に入れてくださいました。
こういう、さりげない気遣いが嬉しいです。

和菓子3種|八雲だんご

和菓子3種|八雲だんご

早速、いっただっきまーす♪
みたらし団子(1本150円:税込み)

みたらし団子|八雲だんご

みたらし団子|八雲だんご

甘辛のタレ、結構、しっかりした味です。お醤油が効いていますね。
お餅はモッチリ...餅だから当たり前でしょ!って突っ込まれそうですが、最近のコンビニの和菓子ってソフト感ありますけど、そういうのじゃないってことです。噛み応えありました。

おはぎ(餡子)(180円:税込み)

おはぎ(餡子)|八雲だんご

おはぎ(餡子)|八雲だんご

甘めの餡で包まれたおはぎ、これね、疲れた時のお茶うけに最高ですね。

おはぎ(餡子)(断面)|八雲だんご

おはぎ(餡子)(断面)|八雲だんご

結構、ずっしりしたおはぎでした。

おはぎ(きな粉)(180円:税込み)

おはぎ(きな粉)|八雲だんご

おはぎ(きな粉)|八雲だんご

きな粉がたーっぷり。きな粉の香りが心地よいです。
食べるときにポロポロ・パサパサと落ちていくきな粉ですが、そんなこと気にしていられません。

おはぎ(きな粉)(断面)|八雲だんご

おはぎ(きな粉)(断面)|八雲だんご

こちらは、餡子が中に入っているタイプ。これまたずっしりで、食べ応えありました。

五平餅(250円:税込み)

五平餅|八雲だんご

五平餅|八雲だんご

大きな一枚となった、わらじ型(小判型ともいうらしいです)の五平餅。

五平餅(断面)|八雲だんご

五平餅(断面)|八雲だんご

お味噌の味と香りが口の中にふわ~っと広がっていきます。

全体的にしっかりした”お餅感”を感じることのできるものばかりでした。食感も味も、いかにもお餅~ぃ!って感じ。

なんか久しぶりに食べたものばかりだったこともありまして、テンション↑↑上がっちゃった私がいました。
ごちそうさまでした。

宅麺