新メニュー 古川橋の 豚一杯 みそつけ麺に 元気いただく|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

実はあと少しです...

昨年秋から、大阪と川崎を行き来することになった私。
研修は大阪で、と言われていたかと思ったら、東京事務所に常駐なんてことも。まぁ、それはそれで家庭的にも良かったので、会社には感謝なのですが。

さて、そんなこんなの大阪生活も、実は残りわずかとなりました。
いざ残り少しとなると、実に寂しいもので...

関西で食べ歩くゾー!と、意気揚々と来たものの、いざ生活すると、自分ひとり賄っていくので手一杯・精いっぱいで、なかなか外出する余裕がない(汗)
さーて、残り時間をどのように過ごすか...って、食べ歩くしかないでしょ!

実は学生時代にも一度、住んでいるんですよ、この大阪の地。そのときはまだ独身だったので、やはり一人暮らし。
なんとも不思議なご縁を感じる土地なのですよ、大阪。

ということで、悔いが無いようにと向かいましたのが、こちらのお店。

店舗外観|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

店舗外観|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

関連ランキング:ラーメン | 古川橋駅

京阪電車の古川橋駅から南へ、歩いて6~7分ほどのところにある二郎系ラーメンのお店です。
しかしそれにしても、長い店名ですね。

日曜日限定メニューが登場

今日、このお店に来たのは、残り少ない大阪ライフに悔いが残らぬように、ってのもありますけど、先日、お店のSNShttps://www.instagram.com/butaippai/を見ていたら新メニューが出たとか、なんとかって話で。

日曜限定!みそつけ麺|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

日曜限定!みそつけ麺|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

店頭に看板が出ていました。
日曜日限定 みそつけ麺!

まずは入って右手にある体温計で検温&消毒。

券売機|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

券売機|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

続いて、その隣にある券売機で食券を購入します。
ちょっとわかりにくいですが、左下の紅しょうがの隣に「みそつけ麺」のボタンがありました。

店内、カウンターに沿って一列のカウンター席が10席。テーブル席はありません。

おしぼり等はセルフです|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

おしぼり等はセルフです|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

おしぼりは券売機の隣、お冷・お箸・レンゲはお店の奥にあるので、セルフで取りにいきましょう。

カウンター席に座り、食券を見せると、スタッフさんから「みそつけ麺、200gと300g、どちらがよろしいですか?」との質問。
あらま、大盛り無料ってことですね。今日は豚一杯さんに来るために、朝食を少し減らしたくらいですから、笑顔で「じゃぁ、300でお願いします♪」と返す私。

厨房の様子|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

厨房の様子|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

そして、待つこと7分ほど。二郎系特有の緊張の時間がやってきます。そう、あの「コール」の瞬間。

二郎系では麺を提供する直前にスタッフさんが、『ニンニク入れますか?』って訊いてきてくださるんです。
ここで初心者にとってややこしいのは、ニンニクの有無だけじゃないんですよ、ここでの返答ってのは。
ニンニク・野菜・脂・味の濃さをスタッフさんにお伝えするんです。

そうそう、注意点として、豚一杯さん独自の表現として、ニンニクのことを『元気』って呼んでいるんです。
だから店員さんに『元気、入れますか?』って訊かれるのです。

って書いてしまうとプレッシャーになってしまうかもしれませんが、こちらのお店、スタッフさんがすっごく優しいの。
「お客さん、元気...ニンニクですけど、入れます? 量はどうされます?」なんて丁寧に訊いてきてくださいました。

いつもは”少な目”の私でしたが、今日は日曜日。明日も祝日でお休みということで、「元気フツウ、あとも全部フツウで。」とコールする私。
笑顔で「元気フツウですネ♪」っと返してくれるスタッフさん、かっこいいゾ!

元気(ニンニク)|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

元気(ニンニク)|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

最初に小皿で元気、提供していただきました。
良いですね、コレ。ラーメンの場合ですと、ニンニクが丼に盛られているので、否が応でもニンニクの味と匂いがするのですが、別皿なら自分の好きなタイミングで入れられるし、量も調整できる♪

ほどなくして麺とスープも。
いっただっきまーす♪
みそつけ麺(1,000円:税込み)

みそつけ麺|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

みそつけ麺|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

あー、味噌の香りがふわ~っと上がってきて心地良いです。しっかりした味噌の香り。

麺と具(アップ)|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

麺と具(アップ)|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

トッピングは、チャーシュー、ヤサイ、ネギ。

チャーシュー|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

チャーシュー|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

チャーシューが大きいし分厚い。しかも2枚乗ってる♪
このチャーシューがね、やわらかくて口の中でホロホロっと崩れるの、メチャウマでしたよ。

ヤサイの量はフツウでお願いしましたが、結構な山盛り。だって麺が隠れてますからね。
ガッツリ食べたい方は『元気、入れますか?』のコールの際に「マシ」(増量)とか「マシマシ」(特盛増量)にするのが良いでしょう...って言っても、二郎系のヤサイマシは相当な覚悟を持って挑んでくださいね。まずは「フツウ」をおすすめします。
ヤサイには辛味がかかっていました。これがまた食を進めてくれるのです。

麺|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

麺|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

麺はかなり太目。平べったく出分厚くて、名古屋名物きしめんを厚くしたような麺で噛み応えあります。
ラーメン・まぜそばと同じ麺を使用しています。

スープ|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

スープ|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

スープは濃い味系。もうね、味噌ーぉ!って感じの味。
でもこれが、麺をつけると丁度良いくらいの塩梅になるのですよ。程よく入った背脂も良い感じ。

テーブルには辛味があるので、辛いのがお好きな方は追加すると良いでしょう。
でも味噌の味で香ばしいし、程よく尖がっていて、私は入れませんでしたけど。

完食!|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

完食!|喰わぬなら 喰わせてみせよう 豚一杯

ふぅ、完食♪
300gにしておいて良かった! 堪能できましたよ、味噌に元気!!
店員さんの優しさと味噌の優しさから、正に”元気”、いただきました。

日曜日限定ってところが寂しいですけど、これね、食べに行く価値、ありますよ。
ごちそうさまでした。

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる