究極なのはアジフライだけじゃない!予約が取れないのは納得|氏の木

まだ仙台にいた頃のネタがかなり残っていまして、しばらくお付き合いくださいね。
一番町の予約の取れない居酒屋さん「氏の木」さん、ようやくの初訪問。究極のアジフライが有名ですけど、他のお料理も最高!

貴重なご近所さん

仙台にいた頃、住んでいたのは、仙台と五橋の間にあるとあるオンボロ!?マンション。
ここに決めたのは、仙台駅にも五橋駅にも歩いて行けるし、それより何より職場にも歩いて行けるくらいの距離だったから。あ、自転車通勤でしたけどネ。
そして決め手となったのは家賃の安さ。やっぱりお財布に優しいって大きいですもの。

で、便利な立地で家賃が安くて良いのですが、それなりにデメリットもありまして、歴史の重なった建物ってそれなりに劣化しているんですよね。私が住んでいる二年間でも結構なトラブルがありました。退室する直前には、エレベーターホールが水浸しなんてのもありましたし。
あと最近のマンションですとオートロックなどのセキュリティがしっかりしているところが多いですけど、そんな最新の!?昨日は皆無でした。

そして家賃の安いところってのは、海外の方が多いというのも大きな特徴。半分くらいは海外の方だったのではないかと。
あ、もちろん良い方ばかりでしたよ。エレベーターで朝晩顔を合わせたら笑顔で挨拶し合っていましたし。

でもこういう環境にいると、日本人の方がご近所にいらっしゃると非常に心強いんです。
でね、幸運なことに私、同じフロアに日本人の、しかも女性の方がいらしたんですよ! これね、精神的に大きいんです。なんだかんだ言っても女性の一人暮らし、不安も大きいじゃないですか、何かあったら頼れる人がいるってのは、それだけで安心感につながるんです。

そんなご近所さんと離れるのは寂しい...でも、こればかりは仕方がないのですが。
最後にせめてもう一度お食事でも、という話になって、私の希望を聞いてくださるとのことで、リクエストしたのはこちらのお店。

関連ランキング:居酒屋 | 青葉通一番町駅あおば通駅広瀬通駅

一番町にある、超が付くくらいの人気の名店。実は前にも、ご近所さんと行こうとしたのですが、予約を取れずに断念...他のお店にしたという経緯があったのですが。
今回はご近所さんが何度も電話をかけてくださり、ようやくの初訪問です。

店舗外観|氏の木

店舗外観|氏の木


青葉通一番町駅から南へ4分ほど。仙台駅からでも余裕で歩ける距離です。
アーケード街のサンモール一番町の南の端っこからさらに南へ行きまして、おまけにちょっと小路に入る、結構分かりにくい場所にありながらも超人気店なんですよね。
店舗内観|氏の木

店舗内観|氏の木


店内、厨房を囲むようにコの字型のカウンター席で、通路を挟んでテーブル席のつくり。
この日はカウンター席で20:00からの90分、たまたま二人のスケジュールが開いている日で取れたんです。ご近所さん、ありがとうございました!!

アジフライだけじゃない

お品書き|氏の木

お品書き|氏の木


こちらのお店はアジフライで人気を博しているお店。その名も”究極のアジフライ”。
他にもきつねの肉味噌チーズ焼きとか、ちょっと一捻り・一工夫したお料理が並んでいます。

まずはドリンクでカンパーイ♪
角ハイボール(682円:税込み)

ハイボール|氏の木

ハイボール|氏の木


結構濃いめでした。口に入れた瞬間にズンッと来る感じ。お酒が苦手な方は、薄めでお願いした方が良いかも。

・お通し(500円:税込み)

お通し|氏の木

お通し|氏の木


今日のお通しは、きのこのお出汁。しっかりお出汁が出ていて、いきなりお通しからレベルが高い!
とーっても優しい香りと味で、良い箸休め。最初にたいらげてしまわないで、少し残しておくと良いかも。

ポテサラ(858円:税込み)

ポテサラ|氏の木

ポテサラ|氏の木


お芋さん、とっても滑らか。カリッとしたものが入っていて何かと思ったら、ジャガイモの皮でした。鯵と触感に素敵なアクセント。

牡蠣酢(1,078円:税込み)

牡蠣酢|氏の木

牡蠣酢|氏の木


ぷりっぷりのカキがお酢に浸って、上には、もみじおろし・大葉・ネギ。ワカメも添えられています。
お酢がマイルドで酸味がまろやかなので、牡蠣の味を邪魔せずに、むしろ引き立ててくれています。

・究極のアジフライ(979円:税込み)

究極のアジフライ|氏の木

究極のアジフライ|氏の木


氏の木さんと言えばコレ!ってくらいの看板メニュー。中はほとんどレア、っていうかもう生ってくらいのアジフライ。凄いですよね、どうやってつくるんだろ? 低温で長時間揚げるのかしら?
真ん中の辺りはほぼほぼお刺身ってくらいのレア感。でも衣の近くはしっかり上がっていて、衣はサクッとしているの。だから味がしっかりのアジフライ、あ、ダジャレじゃないからね(苦笑)

ブリ子と大根の旨煮(748円:税込み)

ブリ子と大根の旨煮|氏の木

ブリ子と大根の旨煮|氏の木


ブリ大根?でもブリ”子”って何?ぶりっこ!?(笑)
出てきて納得、ブリの子、卵でしたか。大根を見てよ、すんごく深くしみているでしょ! 長時間煮込んでいるんでしょうねー。
もんのすんごく丁寧につくられている、そんな味がしました。

豚肉と牛蒡の柳川(979円:税込み)

豚肉と牛蒡の柳川|氏の木

豚肉と牛蒡の柳川|氏の木


思ったよりもボリューミー、結構、甘いお出汁は濃い味系。白いご飯があったらとっても合いそう♪

鶏豆腐煮込み(858円:税込み)

鶏豆腐煮込み|氏の木

鶏豆腐煮込み|氏の木


鶏のお出汁、濃くて香りは芳醇なのですが、味は優しいです。そんな中にお豆腐、これまた優しくて胃袋に優しい♪

いやはやなんとも、どれもこれもお上品!!
アジフライだけじゃないですよ、究極なのは。

まとめ

【氏の木】

  • 地下鉄東西線の青葉通一番町駅から南へ4分ほど、小路に入ったところにある人気の居酒屋。
  • 看板メニューとも言える”究極”は低温調理で中はお刺身くらいのレア感。味の香り・食感・味をしっかり感じる、確かに究極感のあるフライ。
  • 他の料理もとても丁寧につくられており、ブリ子と大根の旨煮は深い味で長時間煮込まれていたし、鶏豆腐煮込みは優しく仕上がっているし、手抜かりがない。

超がつく人気店であることは、お料理いただいてみて、大いに納得です。
ごちそうさまでした。

コメント

  1. なまこマン より:

    ここは僕も行くのを断念したところでした!
    アジフライ以外の料理も手が込んでいて、とても美味しそうですね。

    それにしても、何度も電話をかけてようやく予約がとれたというあたりに競争率の激しさを感じます…

    • ともこ より:

      なまこマンさん、こんにちは(*^_^*)
      何せ人気の名店、ホント予約の取れないお店なんです。
      苦労して予約を取っていただいたお店なのですが、行く価値あり!そう思いました。アジフライも、それ以外のお料理も絶品です♪